めまいにはいろいろな種類がある|自己判断は厳禁

改善できる

看護師

小さな音を大きくする

耳が聞こえにくくて悩んでいるというような人は最近では多くなってきています。やはり最近はイヤフォンなどを使って音楽を聴くというような人が多くなってきているわけです。それが原因になって難聴に悩まされているというようなケースも多く見受けられます。そのような難聴の時には医師に診てもらうとともに補聴器を購入して装着をするようにしなければなりません。補聴器をつけることで小さな音でも前と同じように大きな音として聞こえることができるわけなので、なるべく難聴で聞こえにくくなったなと感じ始めたならば補聴器を購入するようにしましょう。そうすれば日常生活に支障なく暮らしていくことができるようになるのではないでしょうか。

たくさんの種類がある補聴器

補聴器というのを選ぶときにはまずは自分の耳にどのように聞こえるようになるのかというようなことを購入前に確認をするようにしましょう。また販売店では、自分の聴力を検査してもらうというようなこともいいでしょう。さらに検査をしてもらったとしても日常生活で雑音が多い状況で補聴器をつけるというようなことと、そうした店舗内の静かな場所で補聴器をつけるというようなことは大きく変わってくるのです。販売店で検査をしてもらって購入をしたとしても、それが実際に着けてみてもそれが快適に使い続けることができるとは限らないのです。難聴のための補聴器はたくさん種類がありますので、そうしたことを考えて選ぶようにしなければなりません。

症状がある

めまいの症状はいくつか種類があります。例えば、自分や景色が円を描くように回転する場合があり、それは流血障害や炎症、内耳のむくみなどが原因で起こってしまいます。また、体がふわふわして宙に浮いているようなめまいもあり、原因が分からない場合があるので必ず病院へ行くといいでしょう。そして、一番危険なものが立ち上がった時などに目の前が真っ暗になってしまうことがあります。この症状が現れた方で、高血圧や脳動脈硬化症と診断されたことがあるなら脳梗塞につながる危険性があるので注意が必要です。補聴器もそうですが、めまいなどの症状が現れた場合は早めに耳鼻科で診察を受けるようにしましょう。

費用が違う

医者

補聴器には様々なタイプがあり、費用も種類や機能性によって異なってきます。また、デジタル式のものは30万円前後かかってしまいますが、それだけ機能が優れている証にもなるといえるでしょう。機能性もそうですが、選び方としては機能性よりも症状に合わせることがベストだといえます。

もっと見る

症状を把握する

ドクター

耳鼻咽喉科に行くなら、いつからどのような症状が出始めたのか把握して医師に伝えることが先決です。また、治療方法によって通院しなければならない場合があるので、自宅から近い病院を選ぶといいでしょう。

もっと見る

治したいなら

看護師

耳鼻咽喉科では文字通り、耳や鼻、咽を専門に診断や治療を行っています。また、耳鳴りやアレルギー性鼻炎などの治療もできるので、市販の薬で治らなかった方は病院に行ってみるといいでしょう。

もっと見る