めまいにはいろいろな種類がある|自己判断は厳禁

費用が違う

医者

補聴器のタイプと相場

「補聴器」と一口に言っても、様々なタイプがあります。また、費用も補聴器のタイプにより異なります。補聴器の形状はいくつかありますが、大きくデジタル式とアナログ式に分けることが出来ます。アナログ式は1万円から10万円程度、デジタル式は5万円から30万円ほどが相場のようです。アナログ式は、価格の安さが魅力ですが、細かな調整をすることが出来ず、普段は気にならないような雑音が気になるようになることがあります。また、音のしている方向を感知することが出来ないものもあるようです。補聴器の選び方としては、使う人の環境や予算に合わせて選ぶということが重要になります。さらに、補聴器の選び方以上に大切なのが、購入する場所の選び方です。

メンテナンスは必要不可欠です

補聴器は、生活環境によって定期的にメンテナンスや調整をする必要があります。そのため、購入店を選び方としては、信頼することが出来るところやメンテナンスをしっかりと受ける事が出来るところを選ぶようにしましょう。購入する前には、数日間のレンタルサービスを行っているところもあります。機種などによっても聞こえ方が異なるので、事前にこのようなサービスを利用し、聞こえ方を試すことが出来るのは嬉しいものです。また、突然補聴器の調子が悪くなった時にもすぐに対応してくれるようなところを選ぶようにしましょう。病院で購入した場合などは、購入後のメンテナンスを受けることが出来る窓口について、購入時に確認しておくと良いでしょう。